mineoって?

mineoは格安SIM・格安スマホを取り扱っていてdocomo、auの回線を利用しているMVNOです。docomo・au・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えると、月々のスマホ使用料金が安くなりとてもお得な格安スマホです。たった1,310円/月で格安SIMを使うことが出来るので、ユーザーの間でもmineo(マイネオ)は注目を集めています。mineoは日本ではじめてのマルチキャリアMVNOとして、docomoの回線とauの回線の2種類のプランが用意されています。キャリア回線を使用しているので、サービスのクオリティも高く、不安なく使用することが出来ます。早速、mineoの詳細をまとめさせて頂きましたので、mineoのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoとdocomo・AUエリアで使えるお得なスマホ

mineoはあのdocomoとAUの大手キャリア2社ともサービス利用契約を締結していて、docomo回線ブランもAU回線プランも選択できるマルチキャリアMVNOです。会話する際の音の質も携帯電話各社と同じレベルな上、通信エリアも他社に負けず劣らずとなっています。docomo、AU回線を利用しているため、今使っているdocomo、AUスマホをそのまま使っていただくこともできますし、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。高いスマホを購入しなくても良いというのは、節約家には嬉しい点です!mineoで販売されている格安スマートフォンを購入し、利用することもできます。docomoとauと同じ回線が安く使え、docomo回線とAU回線でお好きな方を選んで契約ができます。ただ、プランごとに月額料金が若干異なるため、料金の差も比較対象にして、導入の検討をしてみると良いのではないでしょうか。

高品質通話VoLTEプランも用意

mineoには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz~3.4kHzまででした。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。VoLTEに対応したことにより、mineoの魅力が更にアップしました。

データ量繰り越しに対応

速度と安定性に定評のあるmineoの場合は、データ量の翌月くりこしにも対応していて、毎月データ使用量が変わる人でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。

mineoスイッチを活用して、データ量圧縮!

そしてmineoスイッチというものもあって、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。不要なデーター量の削減が出来るのは使う側にとってあり難い機能です。Wi-Fiとmineoスイッチをうまく使うことで、月額料金をより安くする事も出来ます。スマホの代金を安くしたい方の頼りがいのある相棒になるでしょう。

通信速度

mineoの通信速度について見ていきたいと思います。ドコモ回線プランでは、docomo Xiの最大225Mbps回線で、AU回線のAプランでも225Mbpsの通信サービスになっています。いろいろなブログなどでも書かれていることですが、混雑する時間帯においては、混雑時はキャリアで契約した回線の方が高速です。混雑する時間帯でも通信速度を安定性を望む人にとっては、キャリア契約の方がおすすめと言えるでしょう。それでもなお利用料金が安いことを思えば、全体的に考えても、お得で満足度の高いサービスだとおもいます。

mineo Aプランでの速度制限

どのMVNOでもそうですが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、規定の通信量を超えた利用者には、200Kbpsという低速通信を適用します。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。各契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

マイネオ docomo回線プラン3日間制限0

docomo回線を利用するmineoのDプランには、いわゆる3日間制限による通信速度の低下がありません。例えば、メールの送受信のみの日と動画閲覧を頻繁にする日など、日によってデータ使用量に大きな差が出る方は、au回線プランを選択せずにドコモ回線プランを選んだ方が、3日制限に掛かることがないので、気にする事なく使用できるでしょう。この点を考慮して、ご自身のライフスタイルにあったプランを選択してみて下さい。

mineo料金と解約

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。月々の携帯代と見比べながら、いくら携帯代が安く出来るか、考えてみてください。ということで、mineoの料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの料金プランは、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。070/080/090番号を利用したい方は、音声通話が可能なSIMを選択する必要があるため、今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの最低利用期間

mineoの解約縛りと違約金について、説明していきます。mineoは利用しなければいけない期間がないMVNOので、解約するときの違約金は請求されません。「お試し」で格安SIMを利用する場合には、解約違約金は非常にわずらわしいので、mineoのセールスポイントの一つです。しかし、1年以内にMNP転出するとMNP転出手数料12,420円が必要になります。これは、見落としがちなので忘れないようにしましよう。

【間もなく終了】キャンペーン